国際空手道連盟 極真会館 世界全極真 志優会

休会・退会規約

休会規約

 

事情により道場稽古を中長期(1ヶ月以上)欠席する場合は下記事項を熟読の上、休会届を提出して下さい。

休会費は毎月1000円(税別)かかります。

 

休会届の提出は希望月の前月5日までとし、以降にずれた場合は所定の月会費が発生する場合があります。

【例】3月中を休会する場合(休会1ヶ月)は、2月5日までに休会届を提出。(2/6以降に提出した場合は

2月27日に3月分が全額引き落とされてしまいます)

 特例:届出が月をまたがった場合でも、責任者が事前に承認している場合はこの限りではない。

 

【休会規約】

1.休会とは1ヶ月以上稽古を欠席することが分かっており、事前に所定の休会届を提出し、所定の事務手続きの完了をもって有効とする。(口頭や電話、メールなどは受付できません)

2.休会費は1ヶ月1000円(税別)とし、未納の場合は延滞手数料350円が月毎に加算される。

※休会費を6ヶ月以上にわたって滞納した場合は強制退会となり、今までの取得級、帯は無効になります。

尚、延滞金は引き続き督促状が送付され、第三者へ回収委託をする場合があります。その場合、個人情報を回収機関へ開示することがありますので充分ご注意下さい。

3.休会期間中に一度でも稽古に出席した場合、復会と見なし、正規の月会費が発生する。

4.休会者は休会期間の延長を随時できるものとする(延長については電話、メール連絡 可)

5.休会の途中変更、道場に復帰する場合は必ず事前連絡をしなければならない。(電話、メール連絡 可)

 

【特例措置】

①突発的なケガや病気で急に休会をしなければならない場合は、事後の届けを受理致します。

その月の会費は正規分が引き落とされますが、復帰する月は休会費で稽古ができます。

②受験のためや、病気、怪我などで長期間休会をする場合、または事情を聞いて責任者が特例休会として

 判断した場合は休会費は無料となります。(休会届出がないものは無効、医師の診断書などを提出して頂く場合あり)

 

退会規約

退会する場合は下記事項を熟読の上、退会届を提出して下さい。

※退会手続きの流れ

①まず所属道場の責任者に退会の旨を連絡する(退会希望月の1ヶ月前。電話・メール可)

②退会届(所定の書式)をもらう。

③未納会費がある場合、事前精算を済ませ、退会届に記入、捺印の上、月が変わらないうちに提出。

 ※月が変わってしまうと翌月の扱いになります。

 

 

【退会規約】

1.退会をする場合は事前に書面での退会届を提出しなければならない。(所定の退会届以外は受理されません)

 ※言った、言わないなどのトラブルを避けるため、電話、口頭では受理できません。

   ※自然退会というのはありません。辞めたつもりでも手続きが終了しなければ会費が発生します。

 

2.退会届の提出期限は退会希望月の1ヶ月前とし、月をまたがっての退会は所定の月会費が発生する場合があります。

【例】3月末日で退会する場合は、2月末日までに退会届を提出。(3/1に提出した場合は4月分がかかります)

 特例:届出が月をまたがった場合でも、口座振替停止期限に間に合うと責任者が判断し、事前に承認している場合は

    この限りではない。

 

3.未納会費がある場合は精算後に正式退会となります。未精算の場合は、正規の退会と見なされず、引き続き督促状が

  送付されます。

 ※長期滞納などで悪質と判断された場合、第三者へ回収委託をする場合があります。その場合、個人情報等を回収機関

  へ開示することがありますので充分ご注意下さい。

 

4.兄弟、家族のうち、誰かが退会した場合は家族・兄弟割引が変更になります。

(詳細は道場責任者から説明を受けて下さい)

世界全極真 総帥 長谷川 一幸 世界全極真 代表 纐纈 卓真 世界全極真 志優会 代表 新津 茂男

 

  • 681614Total:
  • 45今日: